イース動物病院|大田区 大森 蒲田|犬 猫 小動物 腫瘍 皮膚科 循環器 整形外科

時間
AM9:30〜PM1:00
PM4:00〜PM7:30

※受付は閉院時間の30分前までとなっております。
※木曜午前は10:00~12:30です。
※木曜午後は入院治療、入院継続治療となります。
※2月より月曜、水曜、日曜午前も通常診療となりました。
※診療時間に関しましては、緊急事態宣言の影響により変更となる可能性がございます。
詳しくは新着情報をご覧ください。

〒143-0015 東京都大田区大森西4-17-20

スタッフ募集
  • 電話
  • メニュー

医院ブログ

緊急事態宣言発令後におけるお知らせ

2021年1月8日

1月7日に発令されました緊急事態宣言に伴い診療時間の最終受付が下記に変更となりました。

最終受付時間:18:00までとさせていただきます。

上記は、国や都の方針により今後変更となる場合がございます。

ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

ICG修飾リポソーム(ICG-Lipo)を用いた光免疫誘導療法について

2021年1月4日

当院では光免疫誘導療法を行っております。
外科的処置や抗がん剤による治療が困難な腫瘍に対して有効です。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

2021年 新年のご挨拶

2021年1月1日

明けましておめでとうございます。

 

本年も動物と飼い主様が心穏やかな毎日を過ごせますよう

日進月歩の動物医療に対して、熱意を持って誠実に取り組んでいきたいと思います。

 

スタッフ一同、万全の感染症対策を行い、皆様をお迎えいたします。

動物たちの健康について気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

宜しくお願いいたします。

                              院長:木口久幸

当院の新型コロナウイルス対策

2020年12月22日

新しく動物病院線溶のメシュレス(Etak入りの製剤)を使った除菌を導入しました。

メシュレスの優れた点は一度スプレーすれば1週間効果が続くところで、新型コロナウイルスへの有効性も発表されています。

メシュレスは安全性も優れており、人の口の治療などにも使われています。

待合のスペースや飼い主様が触れる部分に噴霧して感染予防しておりますので安心してご来院ください。

 

当院ではメシュレス以外にも

マスクを持ち合わせておられない飼い主様へのマスクの配布

院内の清掃・消毒・定期的な換気の徹底

勤務中全スタッフのマスク着用

でコロナ対策をしております。

去勢避妊について

2020年11月25日

看護師さんがかわいいPOPを作ってくれました

 

全集中!!避妊去勢の呼吸「壱の型」で病気を予防しましょう

秋冬の健康診断キャンペーンを行っております

2020年11月17日

11月、12月は秋冬の健康診断を行っております。
暖かい日が続いたと思いきや急に寒くなったりと、アップダウンが大きな時期になりました。激しい気温差はストレスを感じる原因にもなります。
動物たちの様子がおかしいと感じたら、重症化する前に診察を受けることが大切です。一緒に暮らしている飼い主様だからこそ、小さな異変を感じることができます。
ワンちゃん、ネコちゃんの病気の早期発見のためにもこの機会にぜひ受診ください。
ペットホテルのご利用と合わせた健康診断のセット割引もございますのでお気軽にご相談ください。

犬も猫も乾燥はつらい

2020年11月17日

最近寒くなり、乾燥の季節がやってきました。

乾燥の対策は取られているでしょうか?

 

特に呼吸器に疾患のある犬ちゃん、猫ちゃんにはつらい季節で咳やくしゃみが悪化して来院されるケースが多いです。

また腎臓病の猫ちゃんや膵炎を発症したことのある犬ちゃんも要注意です。両疾患とも脱水が天敵なので乾燥は病気を悪化させることがあります。

 

湿度は45%以上あると良いので加湿器などあれば是非使用していただき、加湿器が無い場合は部屋干しなどがお勧めです。

しかし犬猫には乾燥対策をする場合、要注意な点があります。

乾燥対策で

①植物を置く場合

誤って食べる危険性があるので犬猫が食べても大丈夫な植物にしてください。

 

②お風呂場を開けっぱなしにする場合

湯船に犬猫が落ちないようにする工夫をしてあげてください。

 

乾燥の対策をするだけで咳やくしゃみが改善することもあります。

乾燥対策をして冬を快適に乗り切りましょう。

カレンダー配布のお知らせ

2020年11月2日

当院毎年恒例のカレンダーの配布を開始しております。
数に限りがございますので是非ご来院ください。

ワクチチェックについて

2020年11月2日

当院では必要のないワクチン接種を減らす、ワクチチェックを推奨しています。
ワクチチェックとは今まで打った混合ワクチンの効果が体の中に残っているかを調べる検査で、効果が残っていればその年のワクチンは必要ありません。
実は、ワクチンには打つとアレルギー反応など有害な作用が起こる可能性があります(1%弱)。
ワクチンにもリスクはあるので、ワクチチェックをして効果が残っているか調べてからワクチンを打つことをお勧めします。
※ワクチチェックができるワクチン、できないワクチンがありますのでお尋ねください。

当院の新型コロナウィルス対策について

2020年10月19日

当院では新型コロナウィルス対策として以下のことに取り組んでおります。
 
◆院内および従業員の衛生管理
・従業員のマスク着用および手洗い・消毒の徹底
・診察室や待合室等の除菌
・待合室の座席数を削減
・定期的な換気

 

◆ご来院時のお願い
・ご来院時の手洗い・マスクの着用にご協力お願いします。
・受付前にアルコール消毒液をご利用ください。
・発熱や風邪症状、嗅覚・味覚障害のある方については、ご来院をお控えいただきますようお願い申し上げます。ご家族に感染の恐れのある方は、事前にお電話にてご相談ください。

1 2
ページトップへ